• 高橋登記事務所
  • お問合わせ電話番号:058-324-7001
岐阜県本巣郡で開業している司法書士、行政書士、土地家屋調査士の高橋登記事務所です

2019.10.16 今後の選挙の投票

先日、弁護士で元大阪府知事・市長の橋下徹氏の講演に行ってきました。
橋下氏の見解によると、岐阜城がある金華山周辺を整備すれば外国人観光客が増え、大阪城を上回る人気スポットになり得るとの事でした。
少子高齢化の時代において、現状のままでは税収がどんどん減少するにもかかわらず、医療費等の必要な税金はますます増加するため、外国人等の外からの収入が必要だと思います。
また、現在の何も変わらない社会を創った責任は我々有権者にあると言ってました。そこで、選挙候補者に適当な人材がいないと感じた時は、棄権をするのではなく、白票を投じることが重要との事でした。
私は、毎回選挙のたびに投票に行っていましたが、適当な候補者がいないと感じた選挙がこれまでに多々ありましたので、今後は橋下氏の上記意見を参考にしようと思います。

2019.09.25 高橋由伸

先日、前巨人監督の高橋由伸氏の講演に行ってきました。
講演の中で印象に残ったこととして、プロ野球の監督は簡単だとおっしゃっていました。
それは、プロの選手はある程度野球を理解しているので、基本を前提にして相手に伝わりやすいからだそうです。
逆に、小学生や中学生に教えるのは、相手がどこまで野球を理解しているか分からないのと、相手の性格に合わせて指導しなければならないので、難しいとの事です。
我々、司法書士や土地家屋調査士も不動産業者や金融機関に説明するのは、容易ですが一般の方に説明するのは難しいと感じることがあります。
いずれの職業においても、相手の性格に合わせて、基礎から説明することが大切だと思いました。

2019.07.16 所有者不明土地の解消

 国土交通省は、土地の戸籍にあたる「地籍」の調査が進まず、災害からの復興などの妨げになっているとして、土地の境界線を決めるときに所有者全員の立ち会いが必要になっているルールを緩和して、境界を決めやすくするようです。
 従来の方法だと東京の六本木ヒルズの開発で境界の調査に4年もかかったらしいです。
 土地家屋調査士業務においても、確定測量の際、所有者全員の立ち会いが不要になれば随分スムーズに仕事が進まむようになると思います。

2019.06.07 相続登記の義務化

現在、日本全国に長年相続登記をしてこなかった為、所有者が不明の土地がたくさんあります。所有者不明の土地は売却等が出来ず、社会問題となっています。
そこで、自民党は来年2020年での国会で相続登記の義務化を目指すようです。
先日、野田聖子議員とお話させて頂いた時も、相続登記の義務化の必要性をおっしゃっていたので、ついに実現する気がします。

2019.04.27 ゴールデンウィーク期間中休業のお知らせ

誠に勝手ながら、平成31年4月27日から令和元年5月6日まで休業とさせていただきます。令和元年5月7日からは、通常通り営業いたします。よろしくお願いいたします。
司法書士兼行政書士
 高橋 義行
  • プロフィール
  • 岐阜県司法書士会
    登録番号 岐阜第229号
  • 岐阜県行政書士会
    登録番号 第77200384号
行政書士 高橋 敏子
  • プロフィール
  • 岐阜県行政書士会
    登録番号 第11200196号
司法書士兼土地家屋調査士 高橋 紘平
  • プロフィール
  • 岐阜県司法書士会
    登録番号 岐阜第696号
    岐阜県土地家屋調査士会
    登録番号 岐阜第1285号
クリアスぺース
トップページ司法書士とはご相談の流れ業務内容詳細事務所概要お問合せ